ななし。のお話

【読書】まったく本を読まなかった高卒派遣社員が夢中になった為になる本

f:id:nanashijinsei:20180211211958j:plain

 

どうもこんにちわ~ ななし。でーす

 

いやー高校生の時は全然本を読まなかったのに

ここ最近はずっと読書にはまってまして~

 

僕自身も思ってるんですが、なんでこんなに急に読書にはまってしまったのか...

気づいたら読書に夢中になる休日になってましたからね~。ちなみに今日も

 

しかし読書を始めてから少しばかりわかったことがある。

今まで文章を理解するのに多少なりとも時間を割いて理解していたが

 

最近は難しい構成でできている文章も

たった一回読むだけで前よりも理解できるようになったきがします。

 

読書ってやっぱり大切なことなんだな~と思い知らされました...

いろいろな本を読むことで社会で成功している人達の考え方や過去の実績などが

わかるのでとても為になりますね。

 

ということで今回はまったく本を読まなかった高卒派遣社員である僕が夢中になった

為になる本を紹介しようと思います。全部で5冊紹介します!

 

関連記事~書籍~

【感想】宝くじで1億円当たった人の末路という本が最高におもしろい本だった - ななし。のお話

 

 

目次

 

 

 

金持ち父さん貧乏父さん

f:id:nanashijinsei:20180211214947j:plain

 

まず一冊目、金持ち父さん貧乏父さんです。

 

この本は金持ちになる秘訣がたくさん記されている超為になる本なんですよ。

僕は知り合いから勧められて読んだんですが、今まで学校で学んでいないことがたくさ

ん記されてあってホントに夢中になりました!

 

たぶんこの本を手にしてこの本に記してある秘訣を理解できれば

その時点で周りよりも頭一つ抜けた考え方を持つことができます!

 

んでもってこれから投資を始めようと思ってる人いますか?

いるのであればぜひ読んでください!強く推奨いたします!

 

投資で成功している人達は少なからずこの本を読み、金持ちになる秘訣を理解していま

す。資産とは何なのか、負債とは何なのか細かく理解することができるのでもう一度言

いますが強く推奨いたします!

 

あと余談ですがこの金持ち父さん貧乏父さんを使った詐欺などがあるらしいです。

僕は詐欺にあったことがないのでなんとも言えませんが、みなさん気をつけてくださ

い!決してこの本自体は悪い本ではありません。詐欺が気になる方はネットで調べて下

さい。備えあれば憂いなしですから。

 

 

 

99%の会社はいらない

f:id:nanashijinsei:20180211221136j:plain

 

次に2冊目、99%の会社はいらないです。

 

あの有名なホリエモンこと堀江貴文さんの考え方や行動などがわかる為になる本です。

たまたま本屋でうろちょろしていたら目に留まって立ち読みをし、本の内容がめちゃく

ちゃおもしろかったので即買いしたものです。

 

ホントに題名ですごくひきつけられまして、だって「99%の会社はいらない」ですよ。

いや会社なくなったら日本終わりやないかーいって思うじゃないですか。

んで読むじゃないですか、「あぁなるほどそーゆうことか」っと...

 

とにかくこの本の内容を簡単に説明しますと、会社に属して他人の時間に縛られるより

も自分のやりたいことを仕事にし、自分の時間を生きたほうがいいということを教えて

くれる本です。

 

「たしかにそーだよね!自分のやりたいこと仕事にしたらそりゃ毎日がくそ楽しいだろ

うな~ あはははは~」なんて自分のやりたいことを仕事にできるのが簡単ならだれも

苦労しないよ!っと思いますよね?

 

そう思ったそこのあなた!ぜひこの本を読んでください!納得するかしないかは人によ

りますが必ず為になります!んでもって読み終わったらすぐ実行に移してください!

 

 

 

宝くじで1億円当たった人の末路

f:id:nanashijinsei:20180211223159j:plain

 

次に3冊目、宝くじで1億円当たった人の末路です。

 

この本は題名の通り宝くじで1億円が当たった人の末路がわかる本で

他にもキラキラネームの人の末路賃貸派の人の末路自分を探し続けた人の末路など

など、さまざなな末路を知ることができるとてもおもしろい本なのである。

 

上記の本の画像を見てもらってもわかる通り発売3か月で8万部ですからね!

すんごいすんごいこりゃおもしろいわけだ!

 

さまざまな末路を知ることができるのがこの本の魅力ですが

僕が思うこの本の魅力は過去の時代と今の時代の風潮や景気なども踏まえて

末路の結果をまとめているところかな~と思います。(ちょっと文章おかしいかも...)

 

今の時代少子高齢化長時間労働などなどさまざまな社会的問題がありますが

その観点も踏まえて結論をだしている。もちろん結論は人によって価値観が変わるので

気に入らない人もいると思うが少なからずこの本での結論は結構納得させられるものが

ある。

 

特に子供を作らなかった人の末路は女性の方に知っておいて欲しい!

とても為になります!ぜひ読んでみて下さい!おすすめします!

 

 

 

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

f:id:nanashijinsei:20180211230125j:plain

 

次に4冊目、フツーの会社員だった僕が、青山学院大学箱根駅伝優勝導いた47の言葉

です。

 

この本は青山学院大学陸上競技部監督原晋さんが青学を箱根駅伝優勝に導けるよ

うにどのようなことをしたのか、どんな言葉や魔法をかけたのかがわかる本です。

 

この本を見た瞬間、なんのためらいもなく手にして買うという判断にいたりました。

自分は指導者としてあるべき姿指導がうまい人はどのような事をしているのかどの

ような事に気をつをけているのかを中学生の時から現在まで考えていたので

それもあったからおそらく何のためらいもなく買ったのかな~と後で思いました。

 

んでもって読んでみるといや~ホントに為になります!

指導者といってもいろいろな指導者がいるわけでありまして、学校の先生部活動の

コーチ会社の上司などなど、指導者という枠はかなり大きいものですよね。

 

これからいい指導者を目指している人は間違いなくこの本をおすすめします。

というか指導者をめざしてない人でも、歳をとって自分達よりも下の世代

技術考え方などを教える時にこの本の内容を理解していれば必ず役に立つと思うので

ぜひ読んでいただきたい!

 

ホントに最近の部活動なんかはブラック部活動なんてよばれるくらいですからね。

正直体育会系の部活に所属していた人ならわかると思うがホントにいやな指導者に

指導されるとおもしろくない、そして伸びるどころか停滞もしくは落ちる...

 

もつとっくに気合とか根性でどうにかなる時代なんて終わっているのに。

いろいろな環境で質の高い指導者は求められるが、この本で質のいい指導者を大量生産

してくれ!

 

 

 

田中角栄 100の言葉 日本人に贈る人生と仕事の心得

f:id:nanashijinsei:20180211233710j:plain

 

最後の本で、田中角栄 100の言葉 日本人に贈る人生と仕事の心得です。

 

かの有名な田中角栄が言ったありがたい言葉がなんと100個も記されているとても為に

なる本です。読んでみてわかったことはこの本はとても簡潔にまとめてあるので、読書

が苦手な方でもスラスラと読み進めることができると思います。

 

それにしてもこの100個ある言葉ってめちゃめちゃ為になるんですよ。

やっぱり政界を引っ張ってきた男が残してきた言葉は一味、いやふた味違うな~と読ん

でいて思わされました。

 

小学生か中学生の時だか歴史の授業で田中角栄の事を学びましたが、当時は僕はとても

ちゃらんぽらんなバカ少年だったため授業なんて頭にはいってませんでしたからね~。

今更になって田中角栄という人物がどれほどすごい人物なのか知りました...

 

この本はなんと60万部突破しており多くの方に読まれています。

とても為になるお言葉を知ることができすのでオススメです。

 

 

 

まとめ

僕のオススメの本を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

正直あんまり興味を持ってない方いると思いますがそれでも読んでいただきたい。

 

今まで本をまったくもって読んでこなかった僕がはまった本なので

読書をしたことない人でもおもしろくてきっと夢中になるはず。

 

たくさんの本を読むことで難しい言葉や文章の構成を知ることができ

意識していなくても知らず知らずに自分の為になっていくと思うので

この記事を読んだ人はすぐ読書を始めて欲しい。

それと読書好きな人は僕にオススメの本を教えてくれるとホントにうれしいです。

 

いろいろやりたいことがありすぎて時間がいくらあっても足りない。

いっそのこと一日48時間になってくれよとか思ったりしてます。

 

読書する時間もしっかりと確保して日々を過ごしていきたいため

みなさんが「これは為になる」と思えるような本を優先して読みたいです。

ぜひ紹介してください!お願いいたします!

 

関連記事~書籍~

【感想】宝くじで1億円当たった人の末路という本が最高におもしろい本だった - ななし。のお話