ななし。のお話

頭いいやつ高校から大手企業入社を目指した方がいろいろ得なのでは?

f:id:nanashijinsei:20180316230809j:plain

 

どうもこんにちわ。ななし。です。

 
いや~今日も疲れた。社会人になってから学んでばっかな毎日です。
前々から働いていて思った事が...
高校生の時に思っていた社会の仕組み現在自分で確認している社会の仕組み
まったくもって違ったりしていてホントにおもしろいな~と。 
 
社会人になってから社会の仕組みだけでなく
自分の中にあったいろいろな固定概念も日々変わりつつあります。
「いろいろな固定概念」とはなにか?と聞かれると
たくさんありすぎて何から話せばいいのやら。 
 
そもそも自分の中にあった固定概念はどーやって培ったのかというと
皆さんと同じように家庭学校などさまざまな環境から学び培ってきました。
しかし最近は
「今まで培ってきた固定概念はすべてがすべて正しい物なのか?」
と考えるようになりました。 
 
その一つとして今回の記事の題名である通り
「頭いいやつ高校から大手企業入社を目指した方がいろいろ得なのでは?」
今回は自分の中で考えだした”これ”を紹介したいと思います。

 

 

目次

 

 

 

大卒で中小企業勤めの人より給料・ボーナス・休日などなど、いろいろ待遇がいいのでは?

f:id:nanashijinsei:20180316205023j:plain

 

実をいうとこの考え方は

僕が高校生の時の担任の先生が言っていた考え方でもあります。

なので高校の時に聞いた話を最近になって思い出し勝手に納得した感じ。

あの頃先生が言ってた考え方はあながち間違えではなかったのかと。

 

今までの僕の勝手な考えだと

すべての大卒の方がすべての高卒の方よりも

もらえる給料やボーナスが多いと思っていましたがやはり会社によって違うと。

 

例えば大卒で王手企業に勤めている人高卒で王手企業に勤めている人よりも

給料やボーナスがいいです。これは大体わかりますよね。

しかし高卒で王手企業に勤めている人大卒で中小企業に勤めている人

比べた場合はどーだろうか?

 

答えを言い切る事はできませんが

やはり高卒で王手企業に勤めている人の方がいいのでは?と思います。

 

僕の友人の中に何人か高卒で王手企業に勤める友人がいますが

なかなかいい給料をもらってますしボーナスも十分すぎるくらい良い。

きわめつけに休みもそれなりにあります。

んでもって何より社会的信用度があります。

 

んじゃ大卒で中小企業に勤めている人はどーなの?

すべての中小企業が悪いといいません。

 

中には年に億を稼ぐ中小企業だってあるでしょう。

しかし今の時代ブラックグレーが当たり前の時代になってきてます。

サービス残業休日出勤当たり前のブラック、グレーですよ。

 

むろん王手企業がブラックではないという確証はないですが

やはり大学に行って中小企業に勤めるよりかは

高校でめちゃくちゃ頑張って王手企業に勤めた方が先が明るいかと。

 

 

 

大卒生よりも早く社会の仕組みについて知ることができる

f:id:nanashijinsei:20180316215209j:plain

 

これは高卒で社会人になったすべての人に当てはまる事ですが。

やはり高卒で王手企業に勤めている人の方が社会の仕組みについて深く知ることが

できるのではないかと思います。

 

なぜそのように考えたかというと

中小企業より王手企業の方が社員の数が多い。そして事業の大きさが違うからです。

 

まず社員の数についてですが

社員の数が多いという事は

仕事で自分と関りを持つ人が多くなるかもしれない事に繋がります。

 

仕事でたくさんの人とさまざまなやり取りをすると

言葉遣い仕事で使うスキルなどが勝手に身に付きますし

なにより社会で必要なコミュニケーション能力が養われます。

 

んでもって事業の大きさですが

やはり中小企業よりも王手企業の方が取り組んでいる事業が大きかったり

さまざまな事業展開をしているのさまざまな分野の仕事ができます。

やはり今の時代いろいろな経験を積んでいる人の方が貴重かと思います。

 

このように王手企業に勤める方が

より深く社会の仕組みについて深く知ることができると思います。

 

んでもって先ほどの2点以外にも社会の仕組みについて学べるものがあり

「どこでお金が発生しているか」

「お客さんが求めているニーズとは」

などなど早いうちにいろいろ知ることができるのはとても為になる事です。

 

 

 

なにより奨学金の”かせ”がない

f:id:nanashijinsei:20180316222659j:plain

 

これが一番でかいです。

高卒で社会人になった人は奨学金なんて借りてませんから”かせ”がなんですよね。

早いうちに高級車をローンで支払うなど負債を持ってしまった人を除いてですが...

 

奨学金とは借金です。

借金がないという事はもらった給料を自由に消費したり貯めたりすることができます。

あなたが何に使おうと誰も文句はいいませんよ。

強いて言うなら破産しないようにすればそれでOKです。

 

それでは大卒の方はどうでしょうか?

多くの方が奨学金を借りて大学に通い勉強を3年か4年します

そして就職活動をして無事社会人になったら万々歳!!!

 

なんて思ったら大間違いです。

社会人になったからといって安心してしまうのはあぶないです。

今の時代奨学金破産」という言葉があります。

 

世間で話題になっていますが

奨学金が返せなくて破産してしまう人が大勢いるんですよ。

中には奨学金が返せないからせっかく就いた仕事をやめて

夜の仕事に就いた人がいるとか...恐い恐い...

 

このように借金があるかないかだけで

月に使えるお金が変わりますし生活基準だって変わってきます。

借金をかえすまで”かせ”があるわけですから

やはり高卒で”かせ”がない状態からスタートの方が全然いいと思います。

 

 

 

まとめ

自分の考えを頑張って言語化してみましたがまだまだだな~と実感しております。

もう少しわかりやすい説明ができるようにしなければいけないなと。

今回の記事はあくまで僕が社会人になって今まで過ごしてきた中で

感じた事や思った事を紹介した記事です。

 

あくまで僕の考えなので鵜呑みにしないでもらいたいです。

この記事で気になるワードなどはインターネットで調べれば簡単にでてくるので

自分で調べて学んでいただきたいです。

 

最後にだいたいの人が会社に属して仕事をこなしていると思いますが

王手企業でも中小企業でもどこで仕事をしようがやはり会社によって

給料やボーナスや休日は変わるものですし

人によって価値観なんてまったくもって違うわけですから

自分の考え方を大事にして欲しいと思いました。

自分に合う会社を選びましょう~。