人生の成功モデルってなんだろうか? 

f:id:nanashijinsei:20180815095649j:plain

 

こんにちわ ななし。です

 

 

今回の記事は前々から考えていた事を整理した記事です。

1000文字もいってないのでサラーっと見てってください。

 

 

社会人なって3年働きましたが多くの人が思い描いている人生の成功モデルを

なんとなく理解できたような気がしています。

 

 

多くの人が思い描いている人生の成功モデルはこんな感じだろう。

 

 

大企業の社員さんや医者や弁護士などの社会的地位があって高年収な人物

そして社会的地位、高年収だから周りからの待遇ももちろんいい。

んでもって異性からの印象もよかったりもする。

 

そして順風満帆な生活を目指して

結婚をし家を買い残りの人生を生まれてくる子供の為に過ごす。

 

 

こんな人生を歩めるのであればそれは間違いなく人生の成功モデルであろう。

100人に聞いたら半分は間違いなく「人生の成功モデルだ!」と認めるだろう(笑)

 

 

だがしかし、私は思う。

 

 

この人生の成功モデルがすべての人にあてはまるのであろうか?

というのも私の人生の成功モデルとは上記のものとは違うのである。

 

 

たしかに上記のような安定した生活が嫌いなわけではないですし

悪いとも思ってないです。

 

 

私が言いたいのは上記は人生の成功モデルの中の一つであり

人生の成功モデルなど作り出そうと思えばいくらでも作れるという事。

 

 

そもそも上記の人生の成功モデルは私たちの親が私達が小さい頃に

無意識に刷り込ませてきたものだと思いますし、会社の上司から「結婚して家庭を持

つんだぞ」とよく言われたりもする。

 

 

だから多くの人は最初に説明した人生の成功モデルを疑わずに

せっせと自分の大切な時間も気にせずに文句も言わずに仕事をするのであろう。

 

 

私も社会人3年目に突入するまでは深く考えなかったのですが

なぜか1か月前ほどから真剣に考えだした(笑)

 

 

では私の中の人生の成功モデルはいったいどんなものなのか?

考えて言葉にしたので下記参照。

 

 

短い人生を生きてく中でどれだけ自分のやりたいこと・好きなことに没頭できているか

諦めずに挑戦できているか。

 

 

これが私が悩んで出した答えです。

 

 

人生はあっというまです。ホントに短いと思います。

気が付いたら30過ぎたおっさんでやりたいこと見失ってて

残りの人生消化試合をたらたら過ごすのは絶対にいやだ...

 

 

若い時はいくらでも失敗できてやりたいことに挑戦できる。

だから、私は自分で導き出した人生の成功モデルになれるように

精一杯精進していきたいなっと思いました。

 

 

結局人生なんてやったもん勝ちだ。周りなんて気にするな。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

 

最後に

あなたの人生の成功のモデルってどんなのですか?