【あえて、レールから外れる。逆転の仕事論】己の成功モデルに迷いがある人にオススメの一冊

 

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論

 

 

どうもこんにちわ。 ななし。です

 

 

最近読んだ本でおもしろかったので紹介します。

 

 

この本は仕事論に悩まされたり、己の成功モデルに迷いがある人にオススメです。

それは「あえて、レールから外れる。逆転の仕事論」です。

 

 

早速魅力について超簡単に説明いたします。

500文字~1500文字で書いたのでサラーっと読むことができますよ~!

 

 

 

堀江貴文+イノベーター8人の働き方がわかる

 

この本では堀江貴文さん以外にイノベーター8人がでてきます。

イノベーター8人は誰か?と説明しますと

武田双雲さん、佐渡島庸平さん、増田セバスチャンさん、田村淳さん、HIKAKINさん

田吉さん、小橋賢児さん、岡田斗司夫さんの8人です。

 

 

このメンツのそれぞれの働き方がこの一冊に凝縮されてまとめてあるんですね。

一冊でイノベーター8人の働き方について学べるのはとてもお得だな~感じました。

 

 

お恥ずかしい事に、私はこの本を読む前はイノベーター8人の中の田村淳さんHIKAKIN

さんしか存じ上げておりませんでしたが、他のイノベーターの方たちの働き方を学ぶう

ちにいかに私が無知だったのか思い知らされました。

 

 

8人とも職業や専門分野が違いますが、どこか共通している考え方があったりして

とても興味深く面白かったです。

 

 

 

 

成功モデルについて考えらされる

 

成功モデルについて過去に一度自分で記事を書いたことがあったので下記にて

貼っておきますので見て欲しいです!

 

www.nanashijinsei.site

 

この記事で成功モデルについて自分の考えをまとめましたが、この本を読んであらため

て自分の成功モデルを見失ってはいけないと思い知らされました。

 

 

堀江貴文さんとイノベーター8人の働き方は既存の一般常識のものとは違っている。

 

 

一般常識ではほとんどの人は自分のやりたいことを仕事にできないと思っているし

決まったレールの上を歩いて組織に属し一生懸命に働くことが安定した人生を送れると

信じている。これが一つの成功モデルだと決めつけているから。

 

 

しかし堀江貴文さんとイノベーター8人は常識にとらわれずに自分のやりたいことに

フォーカスして生きている。だから遊びと仕事の境目がなくなっているためやりたいこ

とが仕事になっている。

 

 

これが新しい成功モデルであると学ばされました。この本を読めば少なくとも後者の

成功モデルに近づけるヒントを学ぶことができますね。

 

 

 

 

個人的にHIKAKINさんの働き方読んで欲しい

 

小学生のあこがれの職業にランクインするほどの人気っぷりを見せるYoutuberで

すが、「日本のトップyoutuberは?」ときかれたらHIKAKINさんと答えますよね!

 

 

この本ではHIKAKINさんの働き方についてもまとめてありますが、普段HIKAKINさんの

動画を見ている私からしたら面白味しかありませんでした(笑)

 

 

HIKAKINさんがYoutuberになる前に何をしていたのか、子供の頃の将来の夢は何だった

のか、なぜビートボックスにはまったのかなどなど。過去の話を知ることができまし

た。

 

 

日本のトップYoutuberとして名をはせているHIKAKINさんですが、一番力を入れてい

る事が「決まった時間に続ける」という事らしいです。トップとしての自覚を常に持っ

ている事から続ける事ができるですね。ホントに尊敬いたします。

 

 

他のイノベーターの方が劣っている訳ではありませんし、HIKAKINさんをひいきしてい

る訳ではありませんがHIKAKINさんの働き方に注意して読んで欲しいです!