なぜ日本の少子化は進む一方なのか?若者である私が感じ取った3つの理由

f:id:nanashijinsei:20180930145137j:plain

 

どうもこんにちわ。 ななし。です

 

 

日本の将来について深く考えるようになった私ですが、最近の社会問題として少子化

大きく注目をしています。おそらくこの記事を今読まれている方の中にも注目してない

にせよ、頭のどこかで少子化というワードが記憶にあるはず。

 

 

そんな少子化についてですが、現在20歳の若者である私が感じ取った少子化が進みつづ

ける3つの理由を紹介したいと思います。あくまで私の意見なので参考程度でお願いい

たします。

 

 

1000文字程度なのでスラ~っと読んでいただけますよ!

 

 

目次

 

 

 

 

1.若い層の低所得者が増加

 

ココで言う若い層と言うのは、20代~30代半ばくらいにしておきます。

その世代の人達で低所得者が増え続けているのが原因ではないかと感じています。

 

 

日本はバブル崩壊後インフレから脱却できていないでいます。その影響で会社員給料

はさほど増えず、むしろ企業による人件費削減で非正規労働者が増えてきています。

ちなみにこのブログの主であるななし。もその一人である!

 

 

正社員の方でも給料が厳しく育児と仕事を両立するのが困難なのに、それに加えて非

正規社員ともなるといつ仕事がなくなるのかもわからない状態なので結婚し子供を作る

なんて考えにはいかないですよね。

 

 

若い層のお金による悩みを友人の話やTwitterでの書き込みで多く見ますし、出生率の上

がらない原因が何なのか?みんなの考えを調べてもやはり単純に「お金がない」という

声が多かったです。

 

 

 

 

2.若者の恋愛離れ

 

今の若者は恋愛について消極的すぎると、上の年代から指摘があるのも聞いたことがあ

ります。私としては「へ~、そーなんだ」ぐらいの軽い印象でした。

 

 

というのも私自身が恋愛を語れるほど恋愛に詳しくないので(笑)

私の恋愛しない理由については単純にお金がないのと異性と関わる機会がない

ら。そしてやりたいことがたくさんあり、時間がないから。

 

 

お金がないからについては個人の収入によって変わってくると思いますが、異性と関わ

る機会がないというのは多くの人にあてはまる理由ではないかな~っと思っています。

特に現代は草食系男子が増えていますからね。これも大きな要因だと思います。

 

 

現代は恋愛以外にやりたいこと・楽しい事がたくさんあります。そのやりたいこと・楽

しい事で満足できてしまう人が増えているのも要因なのかな~っと思います。

 

 

子供を産むまでの段階として恋愛をするのがカギとなりうるのが、これらの要因により

若者恋愛離れが加速しているので少子化が進むのが仕方なく思えてしまいます。

 

 

 

 

3.独身の方が幸せ

 

「そもそも子供を産むことは大切なことなのか」あなたはどう思いますか?

近年は結婚して子供を産まなくても独人で幸せを感じる人が多いです。

 

 

こんな事を言うのはあまりよろしくないですが、子供ができることにより人生の縛りは

できます。好きな時間にやりたいことはできなくなるし、育児は大変だし、将来設計も

しないといけないし、やることがいっぱいでがんじがらめに合う事もあります。

 

 

しかし、独身はとてもきらくです。稼いだお金はすべて自分のものなので使い放題だ

し、誰かに気を使わなくていいし、やりたいことがすぐできるし、縛りがないので自由

に行動できます。例を挙げるとしたら堀江貴文さんとかがその類にあたります。

 

 

結論をいいますと結婚をして子供を授かることに幸せを感じる人もいるし、独身でも自

分の生き方を幸せに感じる人もいるということ。ただ一つ言えるのが昔よりも後者の人

間が増えてきたという事です。

 

 

子供を作る作らないは人それぞれで強制ではないので、出生率が下がったって仕方がな

いですよね。