会社で優秀な上司の特徴を4つほどまとめてみた

f:id:nanashijinsei:20181012221322p:plain

 

どうもこんにちわ。 ななし。です

 

 

会社にいる優秀な上司の方達をこの2年半観察していて彼ら・彼女らのどんなところが

素晴らしいのか、周りの人と何が違うのか。

 

 

一緒に仕事をしたりしてなんとなくわかったことがあったので会社で優秀な上司の特徴

として大きく4つにまとめました。

 

 

1000文字程度なのでスラ~っと読んでいただけます。

 

 

目次

 

 

 

 

1.気が利く

 

仕事中でも休み時間でもどんな場面でも優秀な人はよく気が利きます。

私が感心した行動では...

 

 

複合機で印刷した紙をわざわざ部下の為に持ってきてくれたり

任せる仕事にちゃんと付箋でメモが書いてあったりっと小さな気遣いができている点で

す。

 

 

ある程度の地位まで行くと誰だって気が抜けて部下に気遣いなんてしなくなると思いま

すが、それでも部下に対して気遣いができる上司はホントに素晴らしい上司です。

部下の気持ちとしてはこのような上司に尽くすのは悪くないと思えます。

 

 

 

 

2.無駄に怒らない

 

よく説教が長い、変なところで怒る、言葉がキツイ上司いますよね。

私の会社にはいるんですが横で見ていて気分がよくないものです。

 

 

それとは逆にできる上司は怒りの沸点が低く無駄に怒らないです。

ホントにダメな事に関しては二度と繰り返さないようにしっかり指導してくれます。

 

 

しかし、軽いミスを見つけた場合は「ここ気をつをつけてね~」ぐらいで終わります。

いかに時間を大切にしているかがわかりますよね。

だらだら長い説教してる時間がいかに無駄かがわかってる証拠です。

 

 

 

 

3.意外にラフ

 

メール文はちゃんと〇〇殿をつけて、電話では必ずお世話になりますを言う。

日本の会社のルールって結構がっちりしていてめんどくさい部分が多々あります。

 

 

まあ自分より役職が上の人と接する機会が多いので、このルールが暗黙の了解で未だに

守られているのは仕方がないですが。

 

 

しかし、優秀な人に限ってはかなりの頻度でラフな方が多いと感じました。

メールもLINEみたいにメッセージを送ってもいいし、会議でも発言しやすいようにラフ

な雰囲気を作ってくれたりします。

 

 

部下としては上司がラフでいてくれることによって無駄に緊張しなくていいですし、そ

の分仕事がしやすくなるのでありがたいです。

 

 

 

 

4.言葉遣いがうまい

 

優秀な人はホントに言葉遣いがうまいですね。電話での対応時の言葉の丁寧さ。

みんなの前でのちょっとした連絡事項でも簡潔に話がまとめられる。

 

 

気になるのがなぜあんなに言葉がポンポンでてくるのかわかりません。

言葉のボキャブラリーの多さに圧倒されます。きっと記憶力がいいんでしょうね。

 

 

言葉遣いがうまい人は仕事の説明もとてもわかりやすいので、部下としてはありがたい

ですね。私の経験ですが、言葉遣いがめちゃくちゃな人が上司になった時は相手が何

言ってんのかよくわからず、効率よく仕事を進めることができなかったです。

 

 

相手に自分の思っていることを伝えるために言葉を使いますが、いかに言葉遣いが大切

なのか。上司も部下も気をつけておきたい点ですね。