後輩に好かれやすいリーダーが実践している3つのコツ

f:id:nanashijinsei:20181013101610j:plain

 

どうもこんにちわ。 ななし。です

 

 

学校生活や会社生活を過ごしていると、年々後輩ができますよね。

そうなると、必然的に後輩の指導は先輩であるあなたがしないといけないですよね。

 

 

「やばい。後輩に嫌われないようにするためにはどうしたらいいだろう」と

不安を持つ人は少なくないはず。実際私もその中の一人です。

 

 

という事で今回は、後輩に好かれやすいリーダーが実践している3つのコツをまとめて

みました。1000文字程度にまとめましたのでスラ~っと読んでいただけますよ。

 

 

目次

 

 

 

 

1.発言しやすい雰囲気を作る

 

後輩は先輩に気を使って自分の想いを発言しない傾向があります。

何故言わないか?下手に変な事をいうと先輩に怒られたりするから。

 

 

だからこそ後輩よりも権力を持っている私達は、後輩がストレスを感じにくく気軽に発

言できる雰囲気を作る必要性があるのです。

 

 

あなたの身の周りに後輩から和気あいあいと話しかけられているリーダーはいないで

しょうか?その人を観察してみるといいかもしれません。

 

 

発言しやすい雰囲気が作れる人はユーモアがあったり、カジュアルな性格だったりしま

すからね!後輩が心を開いてくれるように頑張りましょう!

 

 

 

 

2.できたらすごく褒める

 

優秀なリーダーは後輩に指示を出し、後輩がそれをクリアできたらすごく褒めます。

褒めて伸ばす方が今後の相手との関係を良好に進める事ができますからね!

 

 

例え後輩が自分が与えた指示どうりにできなかったとしても。

「なんでできないんだよ!」、「もういい、こっちでやるから」などと罵声を浴びせた

突き放すような発言は控えた方がいいです。

 

 

そうゆう時はなんでできなかったか明確な理由を聞き、どうしたら解決できたかを一緒

に考えてあげて下さい。そこで学んだ事を忘れないようにもう一度後輩に指示を与え、

クリアできたら褒めてあげて下さい!

 

 

大切なのは自分ができるという感覚を後輩に刷り込ませてあげる事です。

褒めてくれる人の事を嫌いになったりはしないので積極的に後輩に尽くしてあげましょ

う!

 

 

 

 

3.カジュアルトー

 

後輩に好かれやすいリーダーは常日頃から後輩に対してラフに話を持ち掛けたりしま

す。しかも仕事の休憩時間やロッカールームなどのちょっとした時に。

 

 

「この前どっか旅行いったの?」、「この前の飲み会でさ~」、「仕事の調子はど

う?」などなど。プライベートから仕事の話までラフに聞きます。

 

 

そういったカジュアルトークで相手の好きなもの・趣味・悩みなどを引き出すことがで

きたり、逆に自分の事もたくさん知ってもらえるので仲が深まるんですよね。

 

 

後輩との間に一定距離ぐらいの距離感は必要ですが遠すぎてはダメです。

カジュアルトークで必要な距離まで詰めておきましょう!