現代の音楽に劣らない!昔懐かしいメロディーソング5選

f:id:nanashijinsei:20181013095707j:plain

 

 

どうもこんにちわ。 ななし。です

 

 

今の音楽ってEDMとかエレクトリックな音楽が流行ってますよね。

シンセサイザーの音とか私は好きで現代の音楽には満足しているものです。

 

 

しかし、時々思ってしまうことがある。

「ああ、昔懐かしいようなメロディーソングを聞きたいな」と。

 

 

みなさんはどうだろうか?同じ音楽ジャンルを聴いていてもマンネリ化して飽きてしま

う事はないだろうか?私はしばしばあるのです。

 

 

ということで今回は、現代の音楽に劣らない!昔懐かしいメロディーソング5選を紹介

したいと思います。1000文字程度でまとめましたのでスラ~っと読んでいただけます

よ!

 

 

 

目次

 

 

 

 

1.ロビンソン/スピッツ

 


スピッツ / ロビンソン

 

 

邦楽の名曲中の名曲であるスピッツロビンソン

ボーカルの声が高いのは最近の音楽シーンではありがちな話ですが。

 

 

スピッツのボーカル、草野マサムネさんの声は高くてもどこか包容力のある優しい声

すよね。

 

 

だからこそ歌から気持ちが伝わりやすく、何年も色あせる事のない名曲になっ

ているんでしょうね!

 

 

 

 

2.青いベンチ/サスケ

 


青いベンチ / サスケ

 

 

甘酸っぱい青春の名曲であるサスケ青いベンチ

 

 

私はこの歌のような青春を過ごしたことはありませんが。この曲を聴くたびに切ない気

持ちになります。

 

 

 

今好きな人がいて恋をしている人は、これを聴いて後悔しないように日々を過ごして欲

しいものです。なんてったって青春は一度きりですから!

 

 

 

 

3.壊れかけのRadio/徳永英明

 


德永英明 - 壊れかけのRadio

 

 

思春期の成長をなごりや葛藤で表現した名曲である徳永英明壊れかけのRadio

 

 

私はこの曲を思春期の時にきいたんですが、当時中学2年生だったでしょう。

心に響きすぎて歌いまくった思い出があります。

 

 

ここまで純粋に思春期と言う難しい時期の子供の気持ちを打ち抜ける名曲は他にないで

す。今の若者に聴いていただきたいです。

 

 

 

 

4.One more time,One more Chance/山崎まさよし

 


山崎まさよし / One more time,One more chance

 

 

切ない失恋名曲である山崎まさよしOne more time,One more Chance

 

 

ギターのアルペジオノスタルジック感をかもしだしている

なんとも心地よい懐メロソング。

 

 

スローテンポな曲なのに曲が終わるのが早いと思わせてしまうほど、身を任せれる1曲

のため睡眠時に聴くと快眠できます。私は寝れない時聴いてます。

 

 

 

 

5.LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸

 


久保田利伸/LA・LA・LA LOVE SONG with Bank Band (LOVE)

 

 

自然とリズムにのる中毒性のある名曲である久保田利伸LA・LA・LA LOVE SONG

 

 

上記の動画はAP Bank FESでのLIVE動画です。この動画を見て分かる通り生歌うまいん

ですよね。歌声の伸びがすごいです。

 

 

Youtubeに上がっているMVもあるんですが、私好きな方でこちらを載せました。

ここまで中毒性のあるメロディー口ずさみたくなる歌詞は他にないんです。