派遣社員の私は学生に伝えたい。時間の大切さを!

どうもこんにちわ ななし。です

 

 

私は今日誕生日を迎えたわけでありまして、21歳になったわけですが。

まあ~時間の流れは早いものですよ。あっという間ですよ。

 

 

私が高校生の時は、それなりに時間が経つことに実感をもって日々の生活を過ごしてい

ましたが、社会人ともなると1年前がついこの間の事のように感じてしまう時がありま

す。

 

 

それを思うたびに、私は時間の大切さをかみしめます。

なので今回は、派遣社員の私は学生に伝えたい。時間の大切さを!」伝えます。

1000文字程度でまとめましたのでスラ~っと読んでいただけるとありがたいです。

 

 

 

目次

 

 

 

 

1.時間の大切さに気付いているのだろうか?

 

そもそもみなさんは時間について深く考えたことはあるだろうか?

人に平等に与えられたものの1つである時間だが、間違いなく多くの人は時間について

深く考えたことはないだろう。この記事を書いている私もその中の一人でした。

 

 

朝起きる、ご飯を食べる、歯を磨き、学校・会社に向かい、家に帰り、趣味に没頭し、

眠くなったら寝る。私たちが何かしている時に、常に時間は止まらずに流れている訳で

す。これってよくよく考えたら恐ろしいですよね。

 

 

自分の時間を大切にしないといつか後悔する日が来るのは間違いないです。

今日やるべきことはやったか?自分はこの人生で何をしたいのか?夢はあるか?

一度考えてみて下さい。答えがでたらそれを成し遂げるには必ず時間が必要です。

 

 

あなたの時間は無限ですか?いいえ、有限なはずです。

イムリミットがあるんですから、急がないといけませんね!

 

 

 

 

2.学生と社会人とでは時間の体感スピードが違う!!

 

さてさて時間の大切さを確認できたところで、私がなぜ今回の記事を学生に向けて書い

たのか?それは学生と社会人の時間の流れが違う事を理解してほしかったからです。

 

 

学生のみなさんの生活パターンは学校に行って授業を受け部活をして家に帰ってくる。

社会人の生活パターンは会社に行って仕事をして家に帰ってくる。

ざっくりした生活パターンですがおのおの帰宅後、趣味に費やせる時間には限りがある

と思います。

 

 

しかし、学生に言いたい。社会人になったら平日は圧倒的に趣味に費やせる時間は少な

い。会社によってはむしろないとも言える。ブラック企....言わないでおこう。

 

 

学生と社会人とでは時間の体感スピードは違います。社会人になると自分で稼いで食っ

ていかないといけなくなるので、やりたいことがあってもお金と時間の都合上どうして

もできない時があります。

 

 

時間の体感スピードは人によって変わりますが、間違いなく仕事漬けでお金と時間に縛

りがある社会人よりかは学生の方が憂図が利きやすいです。

 

 

 

 

3.今やりたいと思う事は今やらないと!

 

みなさんは人生を生きていく中でやりたいことがたくさんあると思います。

英語を喋れるようになりたい、楽器を弾けるようになりたい、恋愛がしたい。

 

 

人によってはいろんなやりたいが増えて増えて増えすぎてやりきることができなくなる

かもしれません。ちなみに私はそうです!時間とお金が足りない(笑)

 

 

自分のやりたいことと向き合うのは早い方がいいです、何故なら若ければ若いほど時間

ストックが多いから。私は今21歳になりましたが、20歳の時に自分と向き合い自分が何

をしたいのか真剣に考えました。

 

 

そのおかげでやりたいことを率先して日々を過ごしていけてる訳ですが、欲を言うなら

学生の時に向き合っていたかったです(笑)時間が有り余っている時に向き合えていたら

きっと今頃人としてかなり成長していると思います。

 

 

最後になりましたが、学生の諸君よ。いまやりたいと思う事は今やらないと後悔しま

す。時間を大切にして生きて下さい。